ストレスを遠ざける具体的方法【「最高の体調 ACTIVE HEALTH」 鈴木祐】

毎日、快適に暮らせていますか?
ストレス、不安で疲れていませんか?

なぜ、ストレスを感じているのか、
どうすれば、気持ちが穏やかに過ごせるのか。

それを教えてくれる本に出あいました。

タイトルは、「最高の体調 ACTIVE HEALTH」、
著者は、鈴木さん。

多数の論文を読みこむ、サイエンスライター。

個人的な経験だけに頼らない、
科学的な根拠に基づいているので、信頼できます。

心にささったところ4ヶ所

1.「不安」の守備範囲は

しかし、人類に備わった「不安」は、あくまで目の前に迫った危険への対策をうながすためのシステムです。先の例のように、いまの瞬間よりも時間軸が未来にある危険に対しては、そもそもプログラムが対応していません。その結果として、遠いアラームの誤作動が引き起こされるわけです。

11 農耕を始めて身長が20センチ低くなった?

「不安」の役割は、危険への「アラーム」です。

目の前にクマが近づいているかもしれないといった、
これからすぐ起こることへの「アラーム」機能しかない。

「遠い未来」の不安については、
このアラームは、本来は守備範囲外です。

それでも、すぐ起こる未来と同じように、
遠い未来にもアラームは反応してしまう。

だから、遠い未来のことを考えると、
なんだか不安、ずっと不安、いつも不安な状態なんですね。

たとえば、老後の不安がそうですね。

2.先延ばしていると消耗が激しい

仕事を先延ばしにしていると、パニックを起こした脳はコルチゾールを増やすように指示を出し続け、少しずつ私たちの体はストレスホルモンに慣れてしまいます。覚せい剤の常習者に似たような状態です。

1 過剰なストレスが全身を壊していく

したくないことほど、先延ばしにしてしまいます。

でも、しないままだと、
常にうっすら頭に陣取っていて、
ふとした瞬間に「やらなきゃなあ」と思いだす。

そして、またやらずにいると、
少しのあいだ忘れたような気持ちになるけど、
「まだやってないよ…、いいかげんやらなきゃなぁ」
と、またイヤ~な気持ちで思い出す。

このくり返しです。
精神的に疲れます。消耗します。

先延ばしを続けていると、
覚せい剤の常習者のような状態ですって!

そりゃまともな判断はできないですね。

だから、どうせいつかはやらなきゃいけないことは、
なるべくすぐすますように心がけています。

それは、1つは、自分をストレスから守るためです。
やることやれば、とりあえずホッとできますからね。

もう1つは、やったことにたいして、
なんらかのフィードバックが早くもらえるからです。

それでよかったのか、別の行動が必要になるのか、修正するのか、
といったような対応が、早くとれるようになるからです。

自分を「覚せい剤常習者」にしないようにしましょう。

3.良い睡眠にはやっぱりコレ

アイマスクと耳せんを同時に使うと、睡眠中のストレスホルモンが下がり、逆にメラトニンの量が増えていきます。アロマやマッサージのリラックス効果を否定するわけではないものの、現時点ではこの2つを使うのが確実です。

4 優良ホルモン「メラトニン」が増える眠り方

やっぱりなんといっても、睡眠がいちばん大切です。

寝られれば、不安も疲れもなくなります。

逆に寝られなければ、ネガティブになるし、
考えるのがめんどうになって、いい方向に考えを転換できません。

寝不足のときに仕事するって、
ほんと苦行です。

そして、良質な睡眠をとるには、
結局「アイマスク」と「耳栓」。

アナログな感じがしますが、
快適に使える「アイマスク」と「耳栓」があれば、
最強ですね。

音と光が、いかに睡眠に影響しているかわかります。

↓このアイマスクを使っています。
 鼻にあたるところにヒラヒラがついているので、
 下方向からの光も遮断してくれます。
 よく眠れます。

↓この耳栓も音を遮断してくれて、
 お値段もお手ごろでありがたいです。

4.価値観をはっきりさせる→未来が近づく

目標は未来に達成すべきゴールのことであり、いったんクリアすればそこで終わり。成功することがあれば、失敗することもあります。

しかし、価値はつねに現在のプロセスなので、どこまで行っても終わりはありませんし、成功も失敗も存在しません。「クリエイティブな仕事につく」は目標ですが、「クリエイティブな人間でいる」なら価値、「結婚する」は目標ですが、「好きな人と楽しく暮らす」なら価値になります。価値の裏づけがないと、目標は不安の原因になります。

6 「価値」と「目標」はどこが違うのか?

目標はdo、達成すること
価値はbe、その状態でいること、と定義されています。

目標は未来のこと、
価値は現在のこと、ですね。

1.でいったとおり、
人は遠い未来の不安には対応できないのでした。

なので、不安を遠ざけるために大切にするのは、
現在にそういう状態でいたいという「価値」のほうなのですね。

ちなみに、わたしの大切にしたい価値3つを発表します。
「成長」「自由」「美容」です。

字におこすと、なんだか大げさになってしまいました。

「成長」は、
きのうより今日のほうが、すこし知識や経験が増えていること。

「自由」は、
ひとりでいること。
その時間で本を読んだり、考えたり、ぼーっとしたりすること。

「美容」は、
年齢はどんどん重ねていっているわけです。
でも、キレイでいるために、
そのときそのときにできることをやっていくことです。

この3つをいつも大切に思っていれば、
不安はおさまり、おだやかな心でいられそうです。

【まとめ】具体的なアプローチが盛りだくさん

実際、本を読んでいただければ、
具体的にこうすればよいという具体的な方法がわかります。

この、具体的な行動に落としこめることができるのが、ありがたいですよね。

日々のストレスにおさらばし、
「最高の体調」を手に入れたければ、ぜひ読んでみてください。