メイク

メイク収納はやっぱりコレ!【無印良品】【40代】【コスメ少なめ】【画像あり】

化粧品の収納って、どうしていますか?

今まで、バニティポーチ、プロっぽいメイクボックス、
もしくは机の引き出しにそのまま収納してみたり。

コスメの品数が多い時期は、ドレッサーに憧れたりもしてました。

でも、コスメは好きだけど、そんなに品数は持っていない今、
「無印良品」のコレに落ち着きました。

無印良品「収納キャリーボックス・ワイド」がよかった!

無印良品と言えば、「アクリル収納」も人気ですね。

でも、持ち運びたいので、「収納キャリーボックス・ワイド」を購入しました。

色は、クリアにしました。コスメが透けて見えるほうがよかったので。

持っているコスメが少なめ(たぶん)なので、これにぜんぶ収納できました。

買う前は「ぜんぶコレに収まるのかな?」と不安でした。でも余裕でしたね。

無印良品「収納キャリーボックス・ワイド」のよい点3つ

1.とりだしやすい

フタがなくオープンなので、コスメがすぐ取りだせます。

バニティとかポーチだと、ふたを開けるひと手間が加わりますよね。

「それくらいやれよ」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ファスナーが開けにくかったり、もっと悪いのは、ファスナーにモノが噛んでしまったりしたことありませんか?

朝からファスナーと格闘したくないので、取りだしやすいこのキャリーボックスは、そのストレスがありません。

2.見つけやすい

オープンでコスメが丸出しなので、すぐコスメが見つけられます。

特に、ポーチを使っていたころは、ごちゃごちゃしていて、コスメを探すのに一苦労でした。

このキャリーボックスでは、立てて入れられるので、どこに何があるか一目瞭然です。

マスカラ、アイライナーなどの、細長いペン状のコスメも立てて入れられて、見つけやすいです。

3.運びやすい

人気の「アクリル収納」も検討したのですが、持ち運びには向いていないと思い、取りやめました。

「アクリル収納」は、引き出し式だったり、ペン立てみたいだったり、固定して置くものがメインだったんですよね。

机の上には、最小限のモノしか置きたくないので、持ち運びできるキャリーボックスにしました。

そのほうが、コスメが視界に入らなくて、机で作業するときに気が散らず集中できます。

キャリーボックスは机の横の棚に置いて、使うときだけ机の上に持ってきます。

なので、運べるキャリーボックスが重宝しています。

こんな感じに収納しています

収納時の画像です

あ、ひとつ、キャリーボックスに収納できていないものがあります。

MiMCのリキッドファンデーション(「ミネラルリキッドリーファンデーション」)です。

これを立てて収納していたら、ポンプからファンデがでなくなったので、これだけ、別に平置きしています。くやしい。

収納しているものの一覧です

コスメの空き箱を「立てる収納」に使うと便利です。
口紅の空き箱と、フェイスパウダーの空き箱を利用しています。

ちなみに、口紅は持ち歩きポーチに入れているので、ここにはありません。

ひとつだけ難点

とても気に入って使っているのですが、ひとつだけ難点があります。

それは、「ほこりをかぶる」こと。

「取りだしやすい」「見つけやすい」の裏返しですね。

ま、お手入れをすればいい話ですね。その作業をするのもコスメに愛情がわくってものです。

【結論】コスメが少なければこれだけでいける

メイク好きだと自分では思っていますが、品数は少ないですね。

20代、30代のころは、よくコスメを買っていました。

でも、使わないモノはやっぱり使わなかったですね。今は少数精鋭です。これでじゅうぶん満足しています。

このキャリーボックスを使った収納にも満足しています。早く買えばよかった!