メイク

白鳳堂の黒檀ブラシ、買うべきです!【福岡三越】【40代】【おすすめ】

メイクブラシ選びで、悩んでいませんか?
毛質、値段もいろいろで、調べれば調べるほど、
迷ってしまいますよね。

わたしは、白鳳堂のブラシをオススメします。
はっきり言って高いです。
でも、その価値が十分あると断言します。

白鳳堂は、店舗が少ないし、
オンライン通販も直販しかないので、
なかなか手に取って見られません。
私が持っている「黒檀シリーズ」を紹介しますので、
参考になれば幸いです。

白鳳堂のブラシをオススメする理由3つ

実際使ってみて、よかった点を4つお伝えします。

1.キレイにメイクが仕上がる
なんといっても、仕上がりがキレイです。
テクニックがないわたしでも、
メイクが上手になった錯覚をしてしまいます。

持っているブラシの毛は、主に「灰リス」で、
やわらかい毛質です。
そのやわらかさが自然に色をぼかしこんでくれるのです。

2.肌への負担が少ない
やはりブラシは肌の表面を行き来するものですから、
多少なりとも肌をこすってしまいます。

でも、白鳳堂のブラシは、
上質の素材を使っているだけあって、
肌当たりが極上です。
むしろ、気持ちいいくらいです。
チクチク感はまったくなく、
肌への負担は少ないです。

3.メイクするテンションが上がる
朝から、気分が上がります。
「こんな素敵なブラシを使ってメイクしている私!」
→いい女になった気分になれます
(セルフイメージが上がる)。

上記の2つの理由は、実利的な面でしたが、
この3つ目の理由が、メイクには大切!と思います。
キレイになるには、もちろんメイクのしかたも大事ですが、
気分が上がると、表情もキレイになれるからです。

わたしのブラシを見てください(11本)

素敵すぎるブラシたちを見てください。
黒檀シリーズのブラシです。

1.黒檀パウダーM(14,630円)
毛質は、灰リス・合成繊維

ちなみに、
「100%灰リスの方がいいんじゃないの?」
と思いましたが、
店員さんいわく、
「大きめのブラシは合成繊維が少し入っている方が、
毛がまとまります」とのこと。

たしかに、以前、別メーカーですが、
灰リスだけのパウダーブラシを使ったことがありますが、
毛が広がったことがありました。
ふむふむ。

ハイライト用に使っています。
おでこ・あご先・目の下に使っています。

MACのライトスカペードを使っていますが、
毛質がやわらかいおかげで、
ビカビカに光らなくて、ふんわりいい感じにのってくれます。

2.黒檀チークS(9,790円)
毛質は、灰リス・合成繊維

チークブラシですが、こちらは使っていません。
次に紹介する、
大きめのアイシャドウブラシをチーク用に使っています。

3.黒檀アイシャドウL(8,140円)
毛質は、灰リス

これは、ほんとにアイシャドウブラシなのでしょうか。
大きいです。
これを、チークブラシとして使っています。

よくプロのメイクさんが、
「チークには大きいブラシを使うといいですよ」
とおっしゃっていますが、
わたしは、狭い範囲にのせたいのでこれを使っています。

やわらかい毛質なので、ピンポイントにのせても、
自然にぼかしてくれて、ナチュラルに仕上がります。

4.黒檀アイシャドウMLL(5,610円)
毛質は、灰リス

アイシャドウのベースに使っています。
眉下の広い範囲にのせられるので、便利です。
意外と大きめのアイシャドウブラシってないので、
重宝しています。

5.黒檀アイシャドウML(6,160円)
毛質は、灰リス・合成繊維

アイホールに使っています。
いわゆる「アイシャドウブラシ」
といった基本のブラシです。
アイシャドウパレットに付属している
小さいブラシより、
きれいに色がのってくれます。

6.黒檀アイシャドウSC(4,400円)
毛質は、玉毛
玉毛とは、なんと猫の毛です。
毛先が玉状になっているとのこと。

灰リスよりもコシがあるので、強めに発色します。
ですから、締め色に、目のキワ~ふたえ幅に使っています。

7.黒檀アイシャドウT(5,390円)
毛質は、灰リス

これも、締め色に使っていますが、
6.の玉毛のブラシよりも
毛質がやわらかいので、
やわらかく色がのります。
締め色のぼかしにもいいです。

8.黒檀アイシャドウSL(4,290円)
毛質は、イタチ

ライン的に使うのが、正しい使い方のようです。
店員さんは、
「アイブロウ(眉)にパウダーをのせるのにも使えますよ」
とおっしゃっていました。
あまり使っていないブラシです。

9.黒檀アイブロウ(3,960円)
毛質は、水ムジナ
とてもコシが強い、固めの毛質です。

アイブロウパウダーをのせるのに便利なブラシです。
アイブロウパウダーに付属しているブラシでも、
じゅうぶん使えるのですが、
柄が長いほうが、書きやすいですし、
素早く仕上げられます。

10.黒檀スクリュー(2,750円)
毛質は、合成繊維

アイブロウ(眉)のぼかしに使っています。
以前は、アイブロウペンシルの裏側についているブラシを
使っていました。
やはり、こちらの方が毛量があるので、
断然ぼかしやすいです。

11.黒檀ブラシ&コーム(2,970円)
毛質は、馬

眉用のブラシです。
正直、あまり使っていません。
勢いあまって購入した感じです。

眉カットするときに、眉を整えるため使っている程度です。
もしかしたら、マスカラコームとしても使えるかもしれません。

お手入れのはなし

ブラシのお手入れについて、
店員さんにお聞きしたことを
以下にまとめます。

「基本的に、水洗いは推奨していない。
どうしても使えなくなるくらい汚れたら、
1年に1回くらいは水洗いしてもよい。

その店員さんの、6年前に買ったブラシは、
丁寧にぬぐうだけで、1度も水洗いはしていない。
それでも十分にきれいな状態を保っている。

ティッシュでもいいけれど、
布でささっとぬぐうのが、ブラシをきれいに保つコツ。
専用の「筆ぬぐい」も販売している。

やさしく、まったく力を入れないで、
毛がしならないくらいに、やさしくぬぐうこと。
(手持ちの手ぬぐいで、
そのようにぬぐってみたところ、
手ぬぐいに色が移って、キレイになりました)

また、筆が汚れてしまうのは、
含ませる粉の量が少ないことも原因になる。」

店舗での購入もいいですね

2020年1月2日、 福岡三越の店舗で購入しました。
初売りの日で、お店はかなり混んでいました。

そんな中、
ブラシ一本一本の使い方、
お手入れ方法を説明してくれました。
ありがたいことです。

また、その店員さんも、
黒檀シリーズを使われているのことで、
ブラシへの愛を力説してくれました。

オンライン通販は、便利だけれど、
「この人から買えてよかった!」と思える買い物でした。
実店舗でのお買い物は、満足感があがります。

まとめ

ならべてみました。

母には、
「顔面にそんなにお金を使ったと!(博多弁)」
とビックリされました。

たしかに、初売りの、
浮き立ったデパートの雰囲気にのせられて、
清水の舞台から飛び降りてしまいました。
調子にのってしまったと、少し後悔もしました。

でも、でもですよ。
以前は、デパコスブランドのブラシを使ってみたり、
はたまた、お値段お安めの20本セットのものを
使ってみたりしてみました。

しかし、一度いいものを使ってしまうと、
ほかはどうでもよくなります。

いろいろ紆余曲折を経たのち、やっとたどり着きました。
「もうこれで最終地点についた!もう迷わなくていい!」

ブラシでお迷いの方、
白鳳堂のブラシ、ぜひお試しくださいませ!