筋トレ

筋トレのモチベーション爆上がり!【「筋トレが最強のソリューションである」Testosterone】

コロナウイルスの影響で、まだスポーツジムに行くのを控えています。それで、前に記事にしたのですが、家で筋トレを続けています。

今のところ継続できていますが、やはりジムとは違って、家ではいろいろ気が散ってしまいます。たとえば、もう少しテレビ見てみるかとか、ゴミ出ししてこようとか。

こんなとき、 以前読んだ「筋トレが最強のソリューションである」 をあらためて読んでみました。たくさんの再発見に感動してしまいました。

「いやいや、ごちゃごちゃ言ってないで筋トレしよ!」とモチベーションを上げてくれること間違いなしです。

40代「やせ筋トレ」で筋肉痛!【「はじめてのやせ筋トレ」とがわ愛】 コロナウイルスの影響で、スポーツジムに行くのを控えています。でも、せっかくジムで鍛えた筋肉を落としたくない!家で筋トレできない...

「筋トレしたらこんないいことあるよ」のオンパレード

著者は、Testosteroneなる人物です。
「とあるアジアの大都市で社長として働きつつ、筋トレと正しい栄養学の知識を日本に普及させることをライフワークとしている」
まったくもって謎の人物です。

本の内容はおおまかにいうと、次のとおりです。

  • 弱ったメンタルを筋トレが強くしてくれる
  • 筋トレ効果を最大限にしてくれる食事法
  • 仕事で成果出したいなら筋トレ

この内容を、自信満々の独特の語り口調で、読者に語りかけてきます。187のセクションがあり、それぞれ5~6行の短い文章で構成されているので、気になったところだけ気軽に読めます。

ただ筋トレのやり方とか、筋トレメニューを提示するだけの本ではありません。 筋トレを通じて、 弱いメンタルを鋼のメンタルへ導いてくれる、ある意味、自己啓発ジャンルの本です。

著者は「筋トレとプロテインでこの世の99%の問題は解決します」と言っておられます。

心に刺さったところ5か所

筋トレは無料の処方箋である

筋トレするとエンドルフィン、アドレナリン、セロトニン、ドーパミン等の気分ブチ上げオールスターズといった感じの脳内物質が分泌されるので、気分が落ち込み疲れた時こそ「無料で処方してもらいにいくか」とジムに行く。

それなら、筋トレやったらおトクじゃないですか?!タダで気分上げてくれるの?ありがたい話です。

たしかに、仕事でやらかして気分が沈んだ時に、むりやり気力を奮いおこしてジムに行って筋トレしたら、気分が前向きになったことが何回もあります。

家でじっとしていたら、うつうつとやらかしたミスを何度も思い返します。それよりは、そのうつうつとした思いと距離を置き、体を動かして脳内物質を出したほうが、完全にメンタルによさそうです。

酒と筋トレ入れ替えよう

体脂肪1kg減には約7000キロカロリー必要なので~(略)

この数字、インパクトありますね~。というのも、有酸素運動として、わたしがジムのバイクを30分必死こいて漕いで、300キロカロリーですよ。この数字をみたら、甘いものやスナック菓子を食べる気なくします。

人生も筋トレも辛い時にこそ成長が潜んでいる

筋トレではもう無理だと思ってから2~3回を死に物狂いで挙げきるから筋肉が成長する。人生も同じだ。辛い状況にこそ成長が潜んでいる。そう考えると、辛い状況すら楽しめる。簡単に諦めるな、辛い時こそ加速しよう。

筋トレで「もうキツイ、ダメ…」ってなってから、歯を食いしばってがんばると、筋肉は「成長」してくれます。いわゆる、超回復ってやつですね。ただ、きつくなってやめてしまえば、筋肉は育ってくれません。

たとえば、これが仕事にも当てはまります。もちろん「成長」につながらないがんばりは、ムダです。でも、これをやったら「成長」が手に入るとわかっているときは、なんとかこらえてふんばれば、 前より成長した自分に出会えるのです。 このことを、筋トレは教えてくれるのです。

感謝の気持ちが集中と満足を呼ぶ

ケガも病気もなくジムで筋トレできる時は感謝しかない。「怠い/疲れたから今日はジム行かない」とか言ってる場合じゃねえ。筋トレできることに感謝が足りん。感謝があるとないとでは集中度も満足度もまるで違う。感謝があれば自然と丁寧かつ熱心に取り組むようになる。

ハッとしました。「行きたい・行きたくない」の次元を完全に超えています。そもそも、ジムに行こうかどうしようかなんて、迷っている場合ではありません。 わたしの意志とかそんなものは、ちっぽけな、とるに足りないものなのです。

目を閉じ、手を合わせ、ありがたく行かせていただくのです。それが筋トレ道なのです。

筋肉は失ってもすぐに取り戻せる

収入や資産は一度失えばそれまでですが、筋肉は違います。マッスルメモリーという言葉がありまして、ケガや病気で筋量をすべて失ったとしても筋トレを再開すれば驚異的スピードで筋量が戻ります。筋肉、素敵で無敵すぎるだろ?

筋肉、おそるべき資産ですね。ほかにこんなすばらしい資産がありますか?株式は大暴落し、破綻すればただの紙切れになる可能性があります。親友だって、裏切ることがあるかもしれません。

筋肉は、なにかの拍子で失ったとしても、また戻ってきてくれるのです。こんな割のいい資産はありません。それでこそ、涙を流しながら筋トレするかいがあるというものです。

筋肉を資産と考えてみれば、リターンも多いです。ストレス解消、基礎代謝向上によるカロリー消費、スタイルの維持、美肌効果などなど。やはり、モチベーション上がります。

さいごに

「筋トレが最強のソリューションである」
副題は、「マッチョ社長が教える究極の悩み解決法」。

筋トレの本と思いきや、人生全体を底上げしてくれ、成功へ導いてくれる教訓が詰まった本だったのです。著者のグイグイ来る語りを、ただ読むだけでもおもしろいです。しかし、読んでしまうと筋トレせずにはいられない、そんな本です。覚悟してお読みくださいませ。