スキンケア

【ケアセラベビー】ミルふわを超えることができるのか?【洗顔】【肌に優しい】

乾燥が気になる季節です。

お肌のうるおいのためには
保湿よりやさしい洗顔が大事!

保湿して後から足すよりも
肌が本来持っているうるおいを逃がさないことが優先です。

そこで注目したいのが洗顔料。

以下にお肌にやさしい成分で汚れを落とし、
うるおいを守るか。

化粧品などの成分分析をされる
かずのすけさんがすすめている
「ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプ」

すっごくいいです。
石けんで落とせるメイクなら落ちます

でもまったくお肌はつっぱらない!

この「ミルふわ」を
1年以上使い続けていました。

途中、浮気もしましたが、
やっぱり戻っていました。

【キュレル泡洗顔料】ミルふわを超えることができるのか?【肌に優しい】 毎日の洗顔、どうしていますか?おはだがつっぱったりしていませんか?やっぱり肌にふれるものは、優しいほうがいいですよね。優しい洗いごこち...
【ミノン泡シャンプー】ミルふわを超えることができるのか?【洗顔】【肌に優しい】【ミノンベビー】 お肌のうるおいを守るためには保湿より洗顔が重要!化学美容家のかずのすけ先生もそう訴えられております。そこでおススメの赤ちゃん用全身洗浄...

ミルふわLOVEなのです。

でももしかしたら
世の中にはもっといいものがあるんじゃないの?

またそんな浮気心が
ムクムクと起きてしまいました。

今回試してみたのは「ケアセラベビー」の
泡ボディウォッシュ。

2週間ほど使ってみましたので
使い心地をお伝えします。

ミルふわを超えられるのか?
結果やいかに?

【結果】あら、ケアセラベビーもいいじゃない

そうなんです。
よかったんです、ケアセラベビー。
すばらしい!

もうミルふわから乗り換えてもいいかも
という使用感。

なにがどうよかったんでしょうか?

【理由】ケアセラベビーが決定的に優位な点1つ

それは泡にある

泡がちがうんですよね~、ぜんぜん。

ミルふわの泡は
淡白な泡でシュッとへたっちゃうんです。

それに比べ、
ケアセラベビーの泡は
濃密で弾力のある泡が
モッコモコ。


1プッシュの泡のボリューム
全然違うんです。

ケアセラベビーの泡の量が
とってもボリューミィ。

それぞれの1プッシュ時の
泡の画像をごらんください。

出てくる泡の量も違うし、
泡のモチモチ感も違うんです。

だから顔面にのせたとき
へたれない
ので、
メイクとなじませやすいんです。

モコモコ泡で洗っていると
幸せな気分になれること間違いなし。

ケアセラベビーすごい!

容器もかわいいし、少しだけコンパクト

好みの問題ですが、
ケアセラベビーの
ポンプ容器の色がカワイイ

ミルふわのボトルより
底の面積が少しだけコンパクト

底面を測ってみたところ、

ミルふわ
→幅9cm×奥行7.8cm

ケアセラベビー
→幅8cm×奥行7cm

我が家のバスルームのラックは小さいので、
少しでも小さいとありがたい

ここでもケアセラベビーに好感。

手に入れやすい

ミルふわはAmazonや楽天で購入しています。
近所のドラッグストアにはないんですもん。

これに対し、
ケアセラベビーは近所のドラッグストアでも手に入る!

場所によって
逆もあるのかもしれないですが…。

ところで
詰替え用しか売っていない商品ってありますよね。
あれはどういう意図があるのでしょうか?
売り場の広さの問題?

ミルふわもケアセラベビーも両方いい点3つ

ミルふわもケアセラベビーも
満たしている基準を述べていきます。

1.まったくつっぱらない

これは洗顔料において
最重要ポイントです。

ここを満たしていないと
ほかを満たしていたとしても無意味です。

どっちもつっぱらないですね。
でもきちんとメイクまで落としてくれます。

ミルふわもケアセラベビーも
マスクで肌荒れを起こしているときも
しみませんでした


お肌をやさしくやさしく
洗ってくれます。

2.目に入っても痛くない

目のキワまで洗いたいわたしは
よく洗顔料が目に入ります。

目にしみる洗顔料だと
お風呂場で悶絶です。

毎日のことなので
洗顔がイヤになってきます。

ミルふわもケアセラベビーも
目に入っても痛くない

これも地味にたいせつなことです。

3.にがくない

今度は口の中に入った場合のことです。

洗顔中
泡が口に入ることがあります。
なんなら鼻に入るときもあります。

そのとき洗顔料の味を
感じてしまうことがあるんですね。

その味が「にがい」時があるのです。
ペペッと吐いてしまいます。
楽しいお風呂タイムが台無しです。

ミルふわもケアセラベビーも
口に入ってもにがくありません
どちらもOKです。

ちなみにお値段は

2020年11月3日現在、
Amazonで調べたところ、

「ミルふわ 全身ベビーソープ 泡タイプ 本体 450mL」
751円
→1mlあたり1.66円

「ロート製薬
ケアセラ ベビー
天然型セラミド7種配合
セラミド濃度10倍泡の高保湿
全身ボディウォッシュ
無香料 450mL」
756円
→1mlあたり1.68円

ほぼいっしょのお値段ですね。
どちらもオトクです。

表ラベル、裏ラベルもご覧ください

まず、ミルふわから。

「赤ちゃん用」感を前面に押し出しています。

次にケアセラベビーはこんな感じ。

完全に好みですが、
ケアセラベビーのボトルの色が好きです。

ベビー用じゃないケアセラを試さなかった理由

ケアセラからはベビー用じゃない
泡ボディソープが3種類
発売されています。

でも今回は購入しませんでした。

それはなぜなら
全部「香りつき」だから!

もしかしたらいい香りなのかもしれませんが、
今回は見送りました。

どこか香りを試せる機会があれば
購入するかもしれません。

ピュアフローラルの香り
フルーティローズの香り
ボタニカルフラワーの香り
の3種類です。

【まとめ】どちらを使うかというと

キュレル、ミノン、ミノンベビーを試してみて
やっぱりミルふわしかいないのね…と
半ばあきらめておりました。

でもでも、
ついにあらわれましたね、
ケアセラベビー。

すばらしいわ。

ならば、どちらを使うのかという問題

まあこれは
気分によって使いわける
ということでよろしいのではないでしょうか。

力説したわりには
軽い結論になってしまいました。

なぜなら
ミルふわを長期間使い続けてわかったことですが、

「どんなにイイものでも
使い続けると飽きるときが来る
からです。

そんな境地に達したときに
もうひとつあればシフトできるのです。

そういうわけで
いい洗顔料が2つになって、
飽きても安心
というわけです。

いいもの見つけたわ。

お肌をたいせつにしたい人、
ぜひ使ってみてください。

万が一洗顔としてダメだったとしても
ボディ用に使えますから。

もちろん、詰めかえ用もあります。